歯のおはなし

しっかり噛んで食べましょう

こんにちは。たんぽぽ会歯科本院の杉田です。朝夕は秋らしさを感じられるようになってきましたね。

さて、今回は、「噛むこと」の大切さをお伝えしたく、「卑弥呼の歯がいーぜ!(ヒミコノハガイーゼ)」という標語をご紹介します。

「ヒ」は「肥満の防止」

よく噛んで時間をかけて食べると、満腹中枢が働いて食べ過ぎを防げます。

「ミ」は「味覚の発達」

よく噛んで味わうことで、形や硬さ、味をしっかり感じ取り、味覚の発達が促されます。

「コ」は「言葉の発達」

噛むことで口周りの筋肉も使われ、それがあごの発達を助けます。発音もきれいになり、表情も豊かになります。

「ノ」は「脳の発達」

口をしっかり動かすことで、脳に流れる血液量が増加。子どもは脳の発達が促され、大人は脳の衰えを抑えられるといわれます。

「ハ」は「歯の病気予防」

よく噛めば、唾液も多く出るため、むし歯や歯肉炎の予防に効果的です。

「ガ」は「ガンの予防」

唾液に含まれる酵素「ペルオキシダーゼ」に発ガン性抑制効果があるといわれています。

「イー」は「胃腸快調」

よく噛むことで消化を助け、胃腸の働きも活発にしてくれます。

「ゼ」は「全力投球」

噛む力の強化は体全体によい刺激を与え、何事にも全力投球で取り組める力につながります。
目安は1口30回。健康な歯を維持し、しっかりと「噛む」習慣をつけましょう。

たんぽぽ会歯科全8院は、年中無休で診療しています。
ご質問や不安なことがありましたら、お気軽にご来院くださいませ。

2017/09/16 [Sat]