たんぽぽ会歯科より

夏休みは子どもさんが歯科と親しむチャンス!

こんにちは。みと院 院長の藤原です。

夏は旅行やキャンプ、帰省など楽しい行事の多いとき。家族のスケジュール調整が大変ですが、その合間に忘れずに入れていただきたいのが歯科の来院です。
学校や幼稚園などでは4~6月にかけて歯科検診が行われるため、子どもさんの受診が増えるのも夏休み期間中です。

歯科医が学校に呼ばれて集団検診をする際、短い時間での診察に加え、照明の不具合等でお口の中が見えにくいことがあります。
このような状況では小さな異変を見落としかねません。歯科検診で「異常なし」だから100%安心、というわけではないのです。
クリニックで時間をかけて丁寧に診てもらい、より正確な状態を知っておきましょう。


もし初期の虫歯が見つかったとしても、処置はごくカンタンに済みます。
虫歯は症状が進むにつれ、治療が大がかりになってしまうのはみなさんよくご存知だと思います。
虫歯を放置し、子どもさんが初めて来院されたときに歯を大きく削るなどの治療を体験されると「歯科は怖いところ」と思い、お口の健康がおざなりになってしまうかもしれません。

 そうならないためには、なるべく早い時期に歯科に訪れ、雰囲気に慣れていただくことをお勧めします。
小さい頃から歯科に親しまれていると、ちょっとした異変でもすぐに来院されるので、虫歯だけでなく、噛み合わせの不具合、歯肉炎など、ほかの異常を見つけるチャンスになります。
どこが磨けていないかなど、ブラッシング指導も受けていただくといいでしょう。

一生、自分の歯で噛むためにも、子どものうちから歯科医と仲良くなってくださいね。

たんぽぽ会歯科全8院は、年中無休で診療しています。
ご質問や不安なことがございましたら、お気軽にご来院くださいませ。

2019/07/12 [Fri]